エイジングケアサイトを斬る!

2017年02月03日

エイジングケアサイトを斬る!



エイジングケアに関係するウェブサイトって星の数ほどありますよね。
皆さんはどんなサイトを参考にしていますか?

乾燥やシミ、シワ、タルミに効く成分を調べてみたり、百貨店やドラッグストアで新しい化粧品を買う前に売れ筋のランキングを参考にしたり、さまざまなシチュエーションでエイジングケアサイトを検索する機会が多いと思います。

でも、どのサイトが正しいエイジングケアの情報を発信しているかを見極めるのは難しいですよね。

どのサイトが正しいか悩む女性

私が参考にするエイジングケアサイトの基準は「皮膚科学的な観点から正しい情報を伝えてくれるサイト」です。

この基準でサイトを見てみると、科学的な観点から情報を発信しているサイトって以外に少ないのです。

有名人が使っていたり、百貨店で並んでいる綺麗なボトルも気になるけど、やっぱり自分にあった化粧品、効果がある成分がきちんと入っている化粧品を選びたいですよね。

だから、私は科学的な根拠をきちんと説明して、納得ができるサイトしか信じません!(キッパリ!)


1.私のオススメのサイトはここ!



エイジングケアサイトについて考える女性

そこで、私がオススメするサイトを紹介します。
それは「エイジングケアアカデミー」というサイト。

このサイトは、どの成分が何に効くか、とか、このぐらいの年代からは何を意識した方がいい、とか、科学的な根拠に基づいたデータが載っていて、どんな成分を選べばいいのかが詳しく説明されています。

肌の調子が悪い時や、新しい化粧品を買うときは、このサイトを見て、参考にしています。
(感謝、感謝)


2.賢く学んでエイジングケア



正しいスキンエアをする女性

あまり意識したことはなかったけど、本気でエイジングケアを学ぶなら、皮膚の構造や皮膚の役割、老化のメカニズムを知っておいた方が、エイジングケアに取り組みやすいことがわかりました。

基本的なことを知っていないと、せっかく高い化粧品を買っても、使い方を間違っていたり、必要以上に使ってしまって、逆にお肌にとって悪いことをしてしまうこともありますからね。

だから私は、「エイジングケアアカデミー」でお肌のこと、成分のことをきちんと勉強して、正しいスキンケアを行うようにしたのです。

そのおかげもあって、最近は肌が元気になってきた気がします。
科学的な根拠に基づいて、身体の内側からアプローチするようにしたからかもしれません。

ちなみに、エイジングケアアカデミーによると、エイジングケアでいちばん大切なことは、日々の生活習慣なんだそう。(やっぱりね…)

スキンケアは、正しい情報を知って、正しい方法で行いましょう!
そして、エイジングなんかに負けない美肌を目指しましょうね。

エイジングケアで大切な「エラスチン」って?

2016年12月26日

エイジングケアで大切な「エラスチン」って?



今回のテーマは、エラスチン
エイジングケアに詳しい方は、ご存知かもしれませんが、
コラーゲンに比べるとその知名度は劣ります。

エラスチンについて教える女性

コラーゲンは良く聞くけど、エラスチンって聞いたことが無い方もいるのではないでしょうか?
エラスチンは、コラーゲンと同じくお肌の真皮にあるたんぱく質です。

真皮の中の70%がコラーゲンで、エラスチンはたったの2%程度。
でも、エラスチンには、コラーゲン同士を結びつけて網目状に構成するはたらきがあります。

そして、コラーゲンとともにお肌のハリやツヤをもたらすための効果を発揮するんです。
むしろ、お肌の弾力への貢献度は、エラスチンによるものです。

肌のハリやツヤがある女性

さて、そんなエラスチンの実験を!
こうして新しいパンティストッキングを伸ばすと、ちゃんともとに戻りますね。

一方、古いパンティストッキングだと・・・、残念ながら元に戻りませんね。
若いエラスチンは、新しいパンティストッキングのようなもので、古いエラスチンは古いパンティストッキングなんです。

エイジングケアは、エラスチンを意識することが大切なんです。
そんなエラスチンを1.5倍増やすはたらきがあるのが、京都大学で生まれたエイジングケア化粧品成分ナールスゲンです。

ナールスゲンの紹介をする女性

エラスチンについて、詳しくは、エイジングケアアカデミーにアクセスして、「エラスチンのエイジングケア効果と化粧品成分としての役割」をご覧くださいね。

ナールスエイジングケアアカデミー「動画でワンポイントエイジングケア」の「エラスチン」のコーナーでした。

肌トラブルの対策には水分不足の解消を

2016年08月17日

肌トラブルの対策には水分不足の解消を



女性は身だしなみの一つとしてもスキンケアは大変重要なもので、毎日欠かさず行っていると思います。
肌トラブルを回避し、きれいなお肌を目指して、毎日お肌のケアをしているという女性は大勢いますよね。

顔の皮膚をきれいに維持することは、女性にとってはとても大事なことですので、肌トラブルは回避したいものです。

ですが、いつもスキンケアを頑張っているのに、不意にお肌トラブルになってしまうと、テンションは下降気味になり、人前に出たくなくなってしまいます。

スキンケアを頑張る女性

肌の調子がいいか、お肌トラブルが起きているかで、気持ちもあがったり、下がったりします。

普段から頑張ってスキンケアをしていても、顔の皮膚はとても繊細ですので、わずかなきっかけでお肌トラブルが
起きてしまうこともあると言われています。

何かと気を付けながら、スキンケアをしているにも関わらず、様々な種類のトラブルが起きてしまうのが、女性のお肌なのです。

肌トラブルには、にきび、しみ、毛穴の黒ずみだけでなく、肌のたるみや、しわなどもあります。
しかし、大抵のお肌トラブルは、お肌の水分が不足していることが原因です。

水分不足に悩む女性

保湿ケアに力を注ぐことが、お肌のコンディション改善に役立ちます。
水分が足りなくなると、外部の刺激から肌を守るバリア機能が低下して、外側からの刺激に過剰に反応する
ようになってしまいます。

水分の足りないお肌は、表面に近い表皮の部分だけでなく、その下の層にまでトラブルの作用を受けるようになります。

加齢によって肌にはたるみやしみなど様々なお肌トラブルが起きるようになりますが、いずれの場合でも、保湿を十分に行うことを心がけましょう。

正しいエイジングケアをしっかりと行うことで、お肌のトラブルは少しでも防げる可能性もありますよ。

手かコットンどちらがいいの?

2016年07月13日

手かコットンどちらがいいの?



みなさんは化粧水や乳液などをどのように使っていますか?
最近ではスプレ−タイプのものも良く目にしますが、手かコットンに染み込ませて使っているほとが多いのでないでしょうか。

そこで、「手かコットン、どっちがいいの?」という疑問をもちませんか?
それでは、手とコットンの利点と難点、注意点にについて考えてみました。


1.まず、手を使いお肌に化粧水、乳液を馴染ませる



手で化粧水と乳液をなじませる女性

●利点
・お肌への刺激が少なく、手のぬくもりで浸透効果を高めることも可能
・化粧水や乳液の使用量を上手に使えば無駄にならない
・お肌の状態を直接確認できる

●難点
・むらになりやすい

●注意点
・汚れた手でつけてしまうとお肌が傷いきやすいので塗る前に必ず手を洗い清潔にする
・目の周りなど、表皮が薄い部分には力を入れないなどの力加減が必要


2.コットンを使いお肌に化粧水、乳液を馴染ませる



コットンで化粧水と乳液をなじませる女性

●利点
・こぼれない
・浸透しやすく、均一に伸ばしやすい
・清潔に使える

●難点
・力を入れすぎると、摩擦でお肌が傷つく
・手の使用量に比べて多くなる

●注意点
・コットンがヒタヒタになるまで化粧水、乳液を染み込ませる
・コットンの品質によってお肌に刺激を与える


3.結局手とコットンのどっちがいいの?



このように手とコットン、どちらとがいいとは言えません。
スキンケアにとって大切なのは、お肌を傷つけないことが一番です。

自分のお肌に合った化粧水や乳液を使っていても、使うときにお肌に刺激を与え、傷つけてしまうと何の意味もなく逆効果になってしまいます。

肌を傷つけないように注意を促す女性

エイジングケア化粧水を使うには、手?コットン?どっちがよいの?
こちらにも詳しくのっています。

手かコットンかお好みで選ぶことをオススメします。

正しい洗顔方法

2016年06月10日

正しい洗顔方法



こんにちは!
今回は洗顔についてまとめてみました。
洗顔料も種類さまざまです。

・クリ−ム、チュ−ブ状タイプ
・固形タイプ
・泡タイプ
・液状タイプ
・粉末タイプ

種類も多ければ、メ−カ−もたくさんありますよね。
洗顔料を購入する際「汚れが取れたらどれでもいい」なんて思ってはいませんか?

洗顔料の選び方に注意

洗顔目的はほこりや汗などの汚れ、古い角質や肌に残ったクレンシングを落とします。
そのような落とさなければいけない汚れが肌に残っている肌に、化粧水や乳液などのスキンケアをしていても効果は減少されます。

洗顔は、スキンケアの基本です。
まずは、洗顔から見直してみませんか?

・自分の肌の状態にあった洗顔料を使用していますか?
・洗顔前に手についた汚れを落としていますか?
・洗顔中、ゴシゴシせず優しく汚れをおとしていますか?
・洗顔後、洗顔料をしっかり洗い流していますか?

洗顔後の保湿はしていますか?
誤った洗顔方法は、肌のトラブルの原因です!

肌のトラブルの原因を説明する女性

洗顔料により、洗浄力も異なります。
固形タイプなどは洗浄力が強いものが多く、洗顔後は突っ張り感があります。

チュ−ブタイプなどは洗浄力は弱いものから強いものまであります。
固形タイプ、チュ−ブタイプどちらがいいのかとはいえませんが、肌状態と洗顔後の好みで選ぶことをおすすめします。

酵素洗顔は、水分を配合していないため、パパインなど酵素が配合可能になっている洗顔です。
粉状タイプに多く、酵素洗顔も洗浄力は強いものが多いです。

酵素洗顔の期待される効果は、

・お肌に残った古い角質を取り除く
・鼻や小鼻などの黒ずみ、角栓を除去する
・ターンオーバーを整える

などです。

酵素洗顔の適切な回数を教える女性

しかし、やり過ぎると、分解する必要のない若い角質やお肌に必要な皮脂まで分解してしまうリスクがあるので
まずは、週1回〜2回程度の使用から始めてみるのをおすすめします。

洗顔後の肌は水分が蒸発していくので、放っておかず、化粧水や乳液などのスキンケアをし保湿をすることが重要です。
正しいスキンケアを行い、理想の肌を手にいれましょう!!

< 1 2 3 4 5 6 >
プロフィール
管理者:似非美容家

趣味:コスメ
2019年 04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
リンク集