肌荒れ予防は洗顔やクレンジングの保湿

2018年07月26日

肌荒れ予防は洗顔やクレンジングの保湿



洗顔やクレンジングの保湿は大切です。
なぜなら、肌荒れを防ぐためには、洗顔やクレンジングの後の保湿ケアも重要なポイントです。

最近では保湿ケアもできるクレンジングも販売されていますが、本来クレンジングは汚れを落とすものです。
メイク汚れが浮いた液体やクリームで顔を洗いたいと思う方はいないでしょう。

保湿を行う女性

クレンジングはメイクを落とすためだけのものと考え、保湿ケアはその後のスキンケアで行うことを推奨します。

クレンジング、洗顔が済んだら、お肌を労るスキンケアを行いましょう。
それが肌荒れを防ぐコツです。

まずは化粧水を使ってお肌の状態を整えます。
良い水溶性の成分の保湿化粧水やエイジングケア化粧水を使ってしっかり保湿しましょう。

といってバシャバシャ使う必要はありません。適量を優しく使えば良いのです。
化粧水の成分をお肌に届けることで、次に使う美容液等が浸透しやすくなるのです。

適量の化粧水を使う女性

優しく使って肌荒れを防ぎましょう。
化粧水の後は美容液を使いましょう。

美容液はスキンケアやエイジングケアの要です。
化粧水を使ってから約3分以内に早めに使うことがコツです。

一口に美容液と言ってもホワイトニング美容液や保湿美容液、エイジングケア美容液などたくさんの種類があります。
自分のお肌の状態に合わせて、適した美容液を使うことがポイントです。
30代以上ならエイジングケア美容液がおすすめです。

エイジングケア美容液のイメージ

優しい美容液で肌荒れを防ぎましょう。
美容液がしっかり浸透したら乳液やクリームを使ってケアしましょう。

30歳を過ぎたら、お肌が乾燥しやすくなりますので、首元までクリームでケアすることを推奨します。
特に冬場なら乳液や保湿クリームが大切です。

総合的にケアすることで、肌荒れ知らずの美肌をキープできますよ。
肌荒れを防ぐために洗顔やクレンジング後はしっかり保湿しましょう。

骨盤ベルトで簡単にダイエットする方法

2018年07月17日

骨盤ベルトで簡単にダイエットする方法



ダイエットといえば、数え切れないほどの方法がありますが、人気となるダイエット方法にはそれだけの理由があります。
一方、ダイエットの失敗は後を絶ちません。

また、急減なダイエットでほうれい線が目立つこともあります。
近頃では、骨盤ベルトを装着することでダイエットができるというやり方を実践する人がふえています。

骨盤ベルトを使う女性

どんな人でも手軽にできるダイエット方法ですので、様々なダイエットで挫折してきた人でも安心してできます。
高価なダイエット器具が必要である訳では無く、精神的につらい方法でも無いので、成功しやすいダイエットになっています。

骨盤が開いてしまっていることによって内臓などが下へ下がってしまい、正しい位置にないという人は、
元の位置に戻すことでダイエット効果が期待できます。

ダイエット効果を実感する女性

体脂肪が蓄積されやすくなったり、ウエストが出っ張りやすくなるのは、内臓があるべき場所からずれている可能性があります。最適なポジションに内臓を戻すために、骨盤ベルトで骨盤の形を正しく戻します。

ズレや歪みが矯正されれば代謝がよくなり、ウエストも引き締まります。
骨盤ベルトを使用したダイエットは簡単な方法であるということから、試しているという人がかなり多くなってきているのです。

出産後の女性は骨盤が開き気味になっていますので、骨盤ベルトを使って正しい状態に戻して上げることで、ボディバランスが整いやすくもなるものです。

骨盤ベルトの注意点を説明する女性

簡単なダイエット方法ではありますが、骨盤ベルトを正しい位置に着けなければ効果が得られないので、しっかり確認するようにしましょう。

骨盤ベルトを正しい位置に取り付けていないと、骨盤を締めすぎてしまって貧血になってしまうということもあり得るので、注意が必要です。
適切な巻き方ができているかどうかが、骨盤ダイエットをする時の注意事項になります。

花粉症にはサプリメントで早めの対策を!

2018年07月13日

花粉症にはサプリメントで早めの対策を!



花粉症にはサプリメントで早めの対策をするとことも大切です。
近年では、花粉症になる人が多くなっています。花粉症は、春と秋の1年のうちの一定期間だけの症状ですが、その間はマスクや目薬が手放せません。とてもつらい思いをしますね。

目や鼻だけではなく、花粉症皮膚炎になる人もいます。
花粉症を完全に治療する方法はまだ無く、花粉アレルギーのある人は、何かしらの対策をしなければ大変なことになっています。

花粉症に悩む女性

花粉症の症状には個人差があり、鼻づまりや目のかゆみ、充血、涙が出るなど、症状の程度や、内容によっても大きく違います。
花粉症でとても辛い日々を過ごしている人におすすめなのが、サプリメントの活用です。

花粉症対策は早くから始めることがポイントで、花粉症シーズンがやって来る前から情報を得て、余裕を持って備えることが大切です。

花粉症のアレルギーを和らげる効果がある成分を、サプリメントでは補給できます。
薬と違って効能はありませんが、体質改善はできます。

花粉症のアレルギーを和らげるサプリメントを紹介する女性

アレルギーや、炎症の症状を軽くする成分を効果的に摂取する方法として、甜茶を摂取するというものがあります。
甜茶の茶葉を煮出してお茶として飲む方法もありますが、こまめに摂取したりたくさん飲むのが難しいこともあります。

サプリメントは、持ち運びに便利で、かさばらず、必要な時に必要量を摂取することができますので、便利です。
花粉症で困っている人がよく利用しているのが、シソの成分が配合されたサプリメントで、シソの実エキス、シソの実油、シソの葉エキスなどの商品があります。

花粉症が緩和された女性

シソの実エキスはフラボノイドが主成分となっており、さらにポリフェノールが、くしゃみや鼻水などを引き起こすヒスタミンの遊離を抑制してくれます。
サプリメントを飲んで、花粉症のアレルギー反応が出づらくしておくことで、つらい花粉症のシーズンを乗り切りましょう。

アミティーザが便秘に効く理由

2018年06月30日

花粉症のアレルギーを和らげる



今回は、便秘薬として使われる「アミティーザ」についてお話しします。

アミティーザを紹介する女性


1.アミティーザはどうして便秘に効果があるの?


アミティーザは、クロライドチャネルアクチベーターと呼ばれる新しい作用をもつ慢性便秘の治療薬で、正式名称は「アミティーザカプセル24μg」といいます。一般名はルビプロストン(lubiprostone)です。

アミティーザは、小腸に作用して水分の分泌を増やすことで、便を軟らかくする作用をもっているんです。また、クロライドチャネルを活性化させて腸管粘上皮を修復する作用もあります。

便秘の原因は、腸の中で便が通常の時間以上にとどまっているから起こるため、このようなアミティーザの作用で便が軟らかくなることで、腸の中の移動がスムーズになり、慢性便秘の解消へとつながるんですよ。

慢性便秘が解消された女性

アミティーザは、長期服用しても、従来から便秘の治療に使われてきている酸化マグネシウムや大腸刺激性下剤(センノシドやセンナなど)と違って、耐性ができにくいとされています。


2.アミティーザの副作用って?


このアミティーザの服用方法は、1回1カプセルを朝食後と夕食後というのが基本です。
患者さんの症状にあわせてアミティーザの服用方法や用量は違ってくきます。

アミティーザを服用する際は、お医者さんまたは薬剤師さんの指示に従ってくださいね。
アミティーザの副作用としては、吐き気や下痢が多いと報告されています。

下剤のアミティーザは、効果が出過ぎてしまうと下痢の症状が出てしまうこともあります。

アミティーザの副作用に注意

けど、その場合は服用する用量を調節したり、アミティーザをの服用自体を中止したりすることになりますし、吐き気がみられるときは、消化管運動賦活剤を併用することで、症状が軽減したり消失したりするとも報告されているんです。

アミティーザは、他のお薬と併用して飲むことが出来るので、便秘がよく見られる高齢者でも安心して使えますが、妊婦または妊娠している可能性のある人には禁忌です。

アミティーザは、世界では10年前から性便秘に使われてきており、日本では4年前から広く使われるようになったお薬です
また、排便を促す以外にも様々な作用があるのでは?と言われ、研究がすすめられています。

アミティーザを処方されたら、その用法と用量は主治医・薬剤師の指導を守って、何か起こった場合や気になることがあれば、すぐに聞くとよいですね。

アスリートの感染症対策とエイジングケア

2018年06月28日

アスリートの感染症対策とエイジングケア



すっかり夏らしい季節となって、暖かい日が続いていますね。
大阪では、もう夏へまっしぐら。

紫外線対策をする女性

しっかり紫外線対策をおこなっていますか?
紫外線対策は、エイジングケアの基本です。

ぜひ、しっかり行いましょう。
さて今回は、米国皮膚科学会(AAD)によるアスリートのための、皮膚感染症対策の紹介です。

AADは3月11日 、アスリートおよびアスレチックトレーナに対して皮膚感染症予防策10カ条を紹介し、学会のウェブに掲載しています。

それらのポイントは、

@切り傷やかすり傷は治るまで清潔に保つ。
A水疱が出来やすい箇所は、パッド、ジェル、スプレー、グローブ、ソックスなどで感染予防を行う。
B湿気を外に出すスポーツウェアを着る。
Cロッカールームでサンダルを履いて足の感染症を抑制する。
D練習や試合を行う度にシャワーを浴び、抗菌石鹸で体を洗う。
Eケア用品は、他人と共用しない。
Fウェアだけでなく、スポーツバッグも洗浄する。
G防具などはメーカーの指示に従い日常的に除菌する。
H特に格闘技など高リスクのスポーツをしている場合は皮膚状態を日常的にチェックする。
 また、異常があれば、トレーナや皮膚科医に相談する。
Iサンドペーパや漂白剤を使用すると、皮膚を傷つけるリスクが高いので、使わない。

と提唱しています。
これらは、アスリートだけでなく趣味でスポーツをする方にも参考になるポイントです。

皮膚感染症予防策10カ条を紹介する女性

紫外線ダメージを受けやすいアスリートは、エイジングケアも感染症対策も大切ですね。
ぜひ、実践しましょう。
 
< 1 2 3 4 5 >
プロフィール
管理者:似非美容家

趣味:コスメ
2018年 12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集