カテゴリー: コスメのこと

アルブチンとは?その美容効果

2018年12月27日

アルブチンとは?その美容効果



アルブチンは30年ほど前に厚生労働省から美白成分として承認を受けた比較的新しい成分です。
このアルブチンは美白に効果があり、今では化粧品や美容液によく使われている成分なのです。


1.アルブチンとは?


「肌の漂白」とも言われる美白成分でハイドロキノンという成分がありますが、これは刺激が強すぎてしまうので、このハイドロキノンを元に考えられた肌に優しい成分がアルブチンです。

アルブチンについて紹介する女性

アルブチンにはαアルブチンとβアルブチンの2種類があります。
ハイドロキノンにブドウ糖を結合させたのがαアルブチンで、天然由来のものをβアルブチンと呼びます。

βアルブチンの方が肌に優しいですが親和性はαアルブチンには劣ります。


2.ハイドロキノンとアルブチンの違いは?


ハイドロキノンはメラニン色素を除去する働きがあります。
出来てしまったシミやそばかすを抑制してくれるということです。

アルブチンにはメラニン色素を抑える効果があります。
これからできるシミやそばかすをできないように予防する働きをしてくれます。

ハイドロキノンは効果が高い分刺激が強いので病院や美容クリニックでよく使われています。

ハイドロキノンとアルブチンの違いを説明する女性

市販の化粧品にもハイドロキノンが含まれているものもありますが、シミにピンポイントで使用するものがほとんどです。
それに対してアルブチンは肌に優しくつくられているので顔全体に使用できます。


3.アルブチンの効果的な取り入れ方は?


アルブチンはサプリを飲んでも化粧品などで肌から取り入れても十分な効果が見込まれます。
化粧品を選ぶ際は、βアルブチンよりもαアルブチンの方が効果が高いので予算が合えばαアルブチンをおすすめします。

またそれぞれ含有量もできるだけ多い方が効果はあります。
肌に安全につくられているので副作用もほとんど報告はされていません。

またアルブチンはビタミンC誘導体と一緒に取り入れることで効果が増します。
化粧品でもサプリでも一緒に摂ることが美肌の近道となるでしょう。


4.アルブチンの注意点


先にも少し書きましたが、含有量が多ければ多いほど刺激が強いので肌がピリピリとする場合もあります。
また皮脂成分を抑制する働きがあるので、乾燥肌の人はより乾燥してしまいます。

アルブチンを正しく使う乾燥肌の女性

保湿効果のある美容液やクリームを合わせるといいでしょう。
反対に脂性の人は皮脂が抑えられていいかもしれません。

重大な副作用は報告されていませんが、それぞれ合う合わないがはっきり分かれる成分なので様子を見ながら試してみることをおすすめします。

育毛サプリメントはどのくらい飲み続けるべき?

2018年11月08日

育毛サプリメントはどのくらい飲み続けるべき?



育毛対策の方法として、必要な成分を手軽に摂取できる育毛サプリメントに利用は人気がある方法です。
摂取するだけで育毛効果が期待できるなら、今すぐでも始めたいですよね。

しかし、育毛サプリは短期間の試用では効果が出ないという口コミもあります。
では、いったいどのくらいの期間飲み続ける必要があるのでしょうか。


1.口コミで効果がないというサプリはどうなの?


育毛サプリメントを購入するさいに、既にサプリメントを使っている人の口コミを参考にする人は多いと思います。

私も新しい商品を試すときには、ランキングサイトや口コミサイトを参考にしますが、数ある口コミの中には、サプリメントを使ったけれど、あまり効果がなかったという意見もあります。

サプリメントの口コミをみる女性

効果が実感できなかったサプリメントは、使っても意味がないですよね。
でも、人によって同じ商品でも効果があったりなかったりもします。


2.髪の発毛サイクル


人間の頭髪には、発毛サイクルがあるそうです。
まず成長し、次に退行、それから脱毛し休止というのが、髪の毛を含む人の体毛サイクルです。
大抵は、頭髪は2年〜5年かけて成長し、その後2〜3週間の退行期を経て、2〜3カ月の休止期に入ります。

そのため、休止期に入っている毛根に対しては、たとえ育毛サプリメントを飲んでいてもすぐに育毛効果を確認することはできないんだそうです。

サプリメントはすぐに効果を感じられないことを説明する女性

お肌のターンオーバーと同じようなものですね。
つまり、サプリメントを摂取して変化を実感できるようになるためには、少なくとも3カ月程度は継続する必要があるというわけです。


3.最低でも3か月は継続したい


サプリメントを飲んでいた期間が短かいために、育毛効果が実感できないという人は実際多いのかもしれません。
また、飲むタイミングについても配慮すべき点があるようです。

継続してサプリメントを飲んだ女性

私たちの体は、眠りについた後に髪の細胞がつくられますので、より効果的にするためには寝る時に育毛サプリメントを摂取するのがいいらしいです。

もちろん個人差がありますが、育毛サプリメントはどんなに早い人でも一日二日で効果が現れるようなものではありません。3カ月から半年くらいはじっくり使い続けるつもりで始めましょう。

50代のエイジングケアやアンチエイジングのためにサポニン

2018年10月27日

50代のエイジングケアやアンチエイジングのために



人間はいつまでも若いというわけではありません。
いずれ老化が始まってしまいます。

老化というと大体50代以降の印象が強い方も多いのではないでしょうか。
そのまま何もしないでいれば老化はどんどん進んでしまいますし、体の調子があまり良くないなと感じる日も増えてきてしまうでしょう。

50歳を過ぎたらサポニンを摂取しておくことがおすすめです。
サポニンには体の内側と外側の両方の老化防止をするという効果が期待できるので、早い段階から摂取しておくことで元気な体を維持することができるのです。

サポニンの摂取をするにはサプリメントが簡単です。
この記事は、50代のエイジングケアやアンチエイジングに良いサポニンについて。

50代のエイジングケア世代の女性


1.サポニンとはどんな成分?



サポニンは植物の葉・茎・根などに含まれている苦味やえぐみなどのもとになっている成分で、大豆や高麗人参、田七人参、アマチャヅルや桔梗などに含まれています。

漢方薬として有名な高麗人参や田七人参などの場合は主に根の部分に豊富に含まれています。
大豆であれば煮ている時に水に消えない泡が出てきますが、あれがサポニンです。

サポニンという名前の由来はラテン語で石鹸という意味があるサポという言葉が使われています。
サポニンは水にも油にも溶けやすく、脂質を溶かす効果や殺菌・抗菌作用などを期待できるため、天然の界面活性剤としても利用されています。

特に注目されているのはコレステロール値を下げるということや血液さらさら効果、アンチエイジング効果、ホルモンバランスを整える効果などもあります。

ちなみに同じ人参でもスーパーでよく見かけるオレンジ色のあの人参は高麗人参や田七人参とは全く違う種のものになります。

田七人参や高麗人参は収穫できるまでの年数が長く、しかも栄養が最高に満タンになっている状態にまで育てるのが難しいため、とても希少なものとなっているのです。
特に田七人参は市場に出回っている数は極端に少なく、天然ものとなれば尚更希少です。

サポニンについて説明する女性


2.アンチエイジング作用がある



サポニンの効果の一つである肥満予防・改善効果も実は50代からのアンチエイジングにとても役立ちます。
理由として例えば大豆に含まれているサポニンには腸で吸収したブドウ糖が脂肪とくっつかないようにすることで脂肪の蓄積を抑えるという役割がありますが、これが肥満の防止につながるのです。

肥満になると当然コレステロールも溜まりやすくなりますし、その分血液の流れも悪くなってしまいます。肥満によって体の調子が悪くなってしまうだけではなく、見た目も老けて見えるようになることが少なくありません。

いつまでも若々しくいたいのであれば肥満をすることは避けたほうが良いのです。
代謝アップの効果もありますのでダイエットにもとても良いです。

大豆であれば女性のホルモンであるエストロゲンと似た効果のあるイソフラボンも豊富に含まれていますから女性の場合、よりアンチエイジングに効果的だといえます。

気になる副作用ですが、赤血球の膜を破壊してしまうという副作用がありますので、大豆を利用する場合は十分にアク抜きをしてから使うことが重要です。

ただし過剰に摂取しない限り副作用などはそれほど気にしなければいけないようなものではないです。
50代のエイジングケアやアンチエイジングのためにサポニンを上手に使いましょう。

サポニンでアンチエイジングして美しい50代の女性


3.まとめ



50代からのエイジングケアやアンチエイジングのためのサポニン。
サポニンの一日の適正な摂取量は特に決められてはいませんが、例えば大豆であればたんぱく質の1日の摂取量を目安にすると良いとされています。

たんぱく質の場合、およそ60gから70gほどだといわれていますので、大体それくらいだと考えておくと良いです。

50代からの老化防止のために効果的に摂取するためには食後や食事中に摂取するようにするのがおすすめです。
サポニンは糖尿病の予防や改善にも良い効果を期待することができます。

また血糖値の上昇を抑制し、血糖値を下げるという役割もありますのでそれが糖尿病の改善に良いとされています。
50代はそんな病気になりやすい年代。ぜひ、サポニンでアンチエイジングを。

プロフィール
管理者:似非美容家

趣味:コスメ
2018年 12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集