50代の化粧水の選び方

2018年10月08日

50代の化粧水の選び方



いくら美肌を保ち続けてきた女性でも、50代に突入する頃には、加齢によるシミや、シワ、たるみが目立ち始めるでしょう。

それでもアンチエイジングに励み、できる限り若々しい肌質を保つためには、50代女性に合った化粧水を使うことが大切です。

今回は、50代の化粧水の選び方について解説します。

50代の化粧水の選び方を説明すする女性


1.50代の化粧水選びのポイントは「保湿」



50代女性が化粧水選びをする上で、最も意識したいポイントは保湿力。
肌の水分保持力を補うことはスキンケアにおける基本中の基本ですが、その中でも老化の進みやすい50代にとって保湿は必須なのです。

加齢が進行するにつれて基礎代謝量が下がり、肌に必要な水分と皮脂は徐々に減少します。
すると、シミ・乾燥小シワができやすくなってしまい、年齢以上に老けてみられます。

こうした肌トラブルをメイクでカバーしようとする50代女性もいますが、まずは化粧水の見直しを検討しましょう。
ファンデーションやコンシーラーで肌荒れ部分を隠しても、それは根本的な解決策にはなりません。

●50代の化粧水選びにおすすめの保湿成分

セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・アミノ酸
・リン脂質
・大豆レシチン
・スフィンゴ脂質
・エラスチン

これらの保湿成分は、50代女性の乾燥しがちな真皮までうるおい成分を届け、肌質の根本改善を見込めるものです。
30代〜40代で使っていた化粧水には見切りをつけ、50代のエイジングケア専用の製品に目を向けましょう。

50代のエイジングケア専用の製品に悩む女性


2.たるみに効く化粧水も50代女性の必需品



更年期障害を起こしやすい50代女性は、頭皮や目元のたるみも感じているでしょう。
そんなときは、肌のキメを整えてハリと弾力の底上げを見込める化粧水を選ぶのがポイントです。

ここでも、ビタミンC誘導体(APPS)・レチノール・ナイアシンなど、真皮や細胞にまで働きかけることのできる成分が含まれていることを確認してください。

50代向きの化粧水

年齢肌を改善するためには、角質層だけでなく、皮膚の奥深くまで栄養素を届けることが重要です。

ただし、敏感肌の50代女性は、効果性の高い化粧水を使う際にアレルギー反応を引き起こす場合があります。
化粧水の使い始めは、適量を肌になじませて様子をみるようにしましょう。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:似非美容家

趣味:コスメ
<< 2018年 10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
リンク集