育毛サプリメントはどのくらい飲み続けるべき?

2018年11月08日

育毛サプリメントはどのくらい飲み続けるべき?



育毛対策の方法として、必要な成分を手軽に摂取できる育毛サプリメントに利用は人気がある方法です。
摂取するだけで育毛効果が期待できるなら、今すぐでも始めたいですよね。

しかし、育毛サプリは短期間の試用では効果が出ないという口コミもあります。
では、いったいどのくらいの期間飲み続ける必要があるのでしょうか。


1.口コミで効果がないというサプリはどうなの?


育毛サプリメントを購入するさいに、既にサプリメントを使っている人の口コミを参考にする人は多いと思います。

私も新しい商品を試すときには、ランキングサイトや口コミサイトを参考にしますが、数ある口コミの中には、サプリメントを使ったけれど、あまり効果がなかったという意見もあります。

サプリメントの口コミをみる女性

効果が実感できなかったサプリメントは、使っても意味がないですよね。
でも、人によって同じ商品でも効果があったりなかったりもします。


2.髪の発毛サイクル


人間の頭髪には、発毛サイクルがあるそうです。
まず成長し、次に退行、それから脱毛し休止というのが、髪の毛を含む人の体毛サイクルです。
大抵は、頭髪は2年〜5年かけて成長し、その後2〜3週間の退行期を経て、2〜3カ月の休止期に入ります。

そのため、休止期に入っている毛根に対しては、たとえ育毛サプリメントを飲んでいてもすぐに育毛効果を確認することはできないんだそうです。

サプリメントはすぐに効果を感じられないことを説明する女性

お肌のターンオーバーと同じようなものですね。
つまり、サプリメントを摂取して変化を実感できるようになるためには、少なくとも3カ月程度は継続する必要があるというわけです。


3.最低でも3か月は継続したい


サプリメントを飲んでいた期間が短かいために、育毛効果が実感できないという人は実際多いのかもしれません。
また、飲むタイミングについても配慮すべき点があるようです。

継続してサプリメントを飲んだ女性

私たちの体は、眠りについた後に髪の細胞がつくられますので、より効果的にするためには寝る時に育毛サプリメントを摂取するのがいいらしいです。

もちろん個人差がありますが、育毛サプリメントはどんなに早い人でも一日二日で効果が現れるようなものではありません。3カ月から半年くらいはじっくり使い続けるつもりで始めましょう。

50代のエイジングケアやアンチエイジングのためにサポニン

2018年10月27日

50代のエイジングケアやアンチエイジングのために



人間はいつまでも若いというわけではありません。
いずれ老化が始まってしまいます。

老化というと大体50代以降の印象が強い方も多いのではないでしょうか。
そのまま何もしないでいれば老化はどんどん進んでしまいますし、体の調子があまり良くないなと感じる日も増えてきてしまうでしょう。

50歳を過ぎたらサポニンを摂取しておくことがおすすめです。
サポニンには体の内側と外側の両方の老化防止をするという効果が期待できるので、早い段階から摂取しておくことで元気な体を維持することができるのです。

サポニンの摂取をするにはサプリメントが簡単です。
この記事は、50代のエイジングケアやアンチエイジングに良いサポニンについて。

50代のエイジングケア世代の女性


1.サポニンとはどんな成分?



サポニンは植物の葉・茎・根などに含まれている苦味やえぐみなどのもとになっている成分で、大豆や高麗人参、田七人参、アマチャヅルや桔梗などに含まれています。

漢方薬として有名な高麗人参や田七人参などの場合は主に根の部分に豊富に含まれています。
大豆であれば煮ている時に水に消えない泡が出てきますが、あれがサポニンです。

サポニンという名前の由来はラテン語で石鹸という意味があるサポという言葉が使われています。
サポニンは水にも油にも溶けやすく、脂質を溶かす効果や殺菌・抗菌作用などを期待できるため、天然の界面活性剤としても利用されています。

特に注目されているのはコレステロール値を下げるということや血液さらさら効果、アンチエイジング効果、ホルモンバランスを整える効果などもあります。

ちなみに同じ人参でもスーパーでよく見かけるオレンジ色のあの人参は高麗人参や田七人参とは全く違う種のものになります。

田七人参や高麗人参は収穫できるまでの年数が長く、しかも栄養が最高に満タンになっている状態にまで育てるのが難しいため、とても希少なものとなっているのです。
特に田七人参は市場に出回っている数は極端に少なく、天然ものとなれば尚更希少です。

サポニンについて説明する女性


2.アンチエイジング作用がある



サポニンの効果の一つである肥満予防・改善効果も実は50代からのアンチエイジングにとても役立ちます。
理由として例えば大豆に含まれているサポニンには腸で吸収したブドウ糖が脂肪とくっつかないようにすることで脂肪の蓄積を抑えるという役割がありますが、これが肥満の防止につながるのです。

肥満になると当然コレステロールも溜まりやすくなりますし、その分血液の流れも悪くなってしまいます。肥満によって体の調子が悪くなってしまうだけではなく、見た目も老けて見えるようになることが少なくありません。

いつまでも若々しくいたいのであれば肥満をすることは避けたほうが良いのです。
代謝アップの効果もありますのでダイエットにもとても良いです。

大豆であれば女性のホルモンであるエストロゲンと似た効果のあるイソフラボンも豊富に含まれていますから女性の場合、よりアンチエイジングに効果的だといえます。

気になる副作用ですが、赤血球の膜を破壊してしまうという副作用がありますので、大豆を利用する場合は十分にアク抜きをしてから使うことが重要です。

ただし過剰に摂取しない限り副作用などはそれほど気にしなければいけないようなものではないです。
50代のエイジングケアやアンチエイジングのためにサポニンを上手に使いましょう。

サポニンでアンチエイジングして美しい50代の女性


3.まとめ



50代からのエイジングケアやアンチエイジングのためのサポニン。
サポニンの一日の適正な摂取量は特に決められてはいませんが、例えば大豆であればたんぱく質の1日の摂取量を目安にすると良いとされています。

たんぱく質の場合、およそ60gから70gほどだといわれていますので、大体それくらいだと考えておくと良いです。

50代からの老化防止のために効果的に摂取するためには食後や食事中に摂取するようにするのがおすすめです。
サポニンは糖尿病の予防や改善にも良い効果を期待することができます。

また血糖値の上昇を抑制し、血糖値を下げるという役割もありますのでそれが糖尿病の改善に良いとされています。
50代はそんな病気になりやすい年代。ぜひ、サポニンでアンチエイジングを。

肌のハリを取り戻す方法

2018年10月15日

肌のハリを取り戻す方法



肌にハリが失われてしまうとしわやたるみの原因になり実年齢以上に老けて見えてしまう原因にもつながってしまいます。

しわやたるみの原因に悩む女性

そこで今回はそんな肌のハリを取り戻す方法について調べてみました。
自宅で簡単に実践できるものばかりですので、最近表情が暗くなったと感じる方はぜひ試してみましょう。


1.スキンケア



ハリは加齢とともに肌から潤いが失われてしまったことも大きく関係しています。
さらに活性酸素により肌が酸化して老化していくこともたるみやしわの原因につながってしまいます。

そのためコラーゲンやセラミドなどうるおい成分が豊富なスキンケアを使用するのも効果的です。
またアンチエイジング効果の高いビタミンC誘導体やアスタキサンチン、コエンザイムQ10などが含まれているものもおすすめです。




2.紫外線対策



紫外線は肌にダメージを蓄積させ活性酸素を発生させます。
夏だけでなく冬もしっかり日焼け止めクリームなどを使用して紫外線対策を行いましょう。

日焼け止めクリームを使う女性

紫外線をたっぷり浴びてしまった後はその分きちんと保湿を行い、ビタミンCをとることも大切です。


3.表情筋を鍛える



加齢とともに表情筋も衰え、皮膚や脂肪が下がりたるみの原因になります。
特に同じ表情ばかりしている方や、デスクワークなどで瞬きの回数が少なくなってしまっている方は注意が必要です。

表情筋の鍛え方を教える女性

意識して表情を動かしてみたり、筋肉をほぐすマッサージが効果的です。
特に肌に刺激を与えずに筋肉を動かし鍛えていくことができる美顔器なら美容液や化粧水などの美容成分もより浸透しやすくなりおすすめです。


4.食生活の改善



バランスのいい食事を心がけ、体の中から体質改善していくことも肌にのハリを取り戻すためには非常に効果的です。

特に肉や油もの中心の生活を送っている方は栄養バランスが整った食事を心がけましょう。
さらにタバコやお酒もしわやたるみの原因になるので控えましょう。

コラーゲンやエラスチンなどが多く含まれる軟骨や牛筋、ふかひれ、ウナギなどを食べれば足りない潤いも補うことができますし、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEなどのビタミンを積極的に取り入れることで活性酸素の発生を抑え、新陳代謝を高めてより美しい肌へ導くことができます。

50代の化粧水の選び方

2018年10月08日

50代の化粧水の選び方



いくら美肌を保ち続けてきた女性でも、50代に突入する頃には、加齢によるシミや、シワ、たるみが目立ち始めるでしょう。

それでもアンチエイジングに励み、できる限り若々しい肌質を保つためには、50代女性に合った化粧水を使うことが大切です。

今回は、50代の化粧水の選び方について解説します。

50代の化粧水の選び方を説明すする女性


1.50代の化粧水選びのポイントは「保湿」



50代女性が化粧水選びをする上で、最も意識したいポイントは保湿力。
肌の水分保持力を補うことはスキンケアにおける基本中の基本ですが、その中でも老化の進みやすい50代にとって保湿は必須なのです。

加齢が進行するにつれて基礎代謝量が下がり、肌に必要な水分と皮脂は徐々に減少します。
すると、シミ・乾燥小シワができやすくなってしまい、年齢以上に老けてみられます。

こうした肌トラブルをメイクでカバーしようとする50代女性もいますが、まずは化粧水の見直しを検討しましょう。
ファンデーションやコンシーラーで肌荒れ部分を隠しても、それは根本的な解決策にはなりません。

●50代の化粧水選びにおすすめの保湿成分

セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・アミノ酸
・リン脂質
・大豆レシチン
・スフィンゴ脂質
・エラスチン

これらの保湿成分は、50代女性の乾燥しがちな真皮までうるおい成分を届け、肌質の根本改善を見込めるものです。
30代〜40代で使っていた化粧水には見切りをつけ、50代のエイジングケア専用の製品に目を向けましょう。

50代のエイジングケア専用の製品に悩む女性


2.たるみに効く化粧水も50代女性の必需品



更年期障害を起こしやすい50代女性は、頭皮や目元のたるみも感じているでしょう。
そんなときは、肌のキメを整えてハリと弾力の底上げを見込める化粧水を選ぶのがポイントです。

ここでも、ビタミンC誘導体(APPS)・レチノール・ナイアシンなど、真皮や細胞にまで働きかけることのできる成分が含まれていることを確認してください。

50代向きの化粧水

年齢肌を改善するためには、角質層だけでなく、皮膚の奥深くまで栄養素を届けることが重要です。

ただし、敏感肌の50代女性は、効果性の高い化粧水を使う際にアレルギー反応を引き起こす場合があります。
化粧水の使い始めは、適量を肌になじませて様子をみるようにしましょう。

乾燥肌の原因

2018年09月23日

はじめに



肌のカサつきやかゆみをともなう乾燥肌は、女性の大敵ですよね。
小ジワの目立ち、ほうれい線や大人ニキビの発生など、美を妨げる症状が盛り沢山…。

実は、この厄介な乾燥肌の原因となるものは、大きく分けて3つあります。
自分の生活習慣・食事管理の方法と照らし合わせ、改善方法を探るヒントにしましょう。

今回は、乾燥肌の原因について徹底解説します。

乾燥肌に悩む女性


1.乾燥肌の原因は「間違ったスキンケア」



顔のテカリを気にするあまり、過度な洗顔・クレンジングをしていませんか?
乾燥肌を改善するには、水分と皮脂の双方が必要です。

にもかかわらず、洗顔をしすぎてしまうと、必要な皮脂までを流れ出てしまいます。
また、余分な皮脂を削ぎ落そうと熱湯で顔をすすぐのも、乾燥肌の原因の1つです。

こうして肌に負担をかけた後で保湿をしても、効果は半減します。
乾燥の根本的な原因に着目し、よりよいスキンケア方法を学びましょう。

乾燥肌のスキンケアアイテム


2.食生活の乱れは乾燥肌につながる



あなたの肌が乾燥し始めたのは、いつからですか?
ひょっとすると、その原因は食生活にあるかもしれません。

普段から油っこいものや肉中心の食事を摂っていると、皮脂量が過度に増えるほか、必要な栄養素が不足しがちになります。

乾燥肌を撃退する理想の献立は、野菜や魚メインの食事です。
皮脂が不足しているからといって、安易に脂質を過剰摂取するのは逆効果ですよ。

●乾燥肌の人が避けるべき食品

・揚げ物
・脂身の多い肉
・スナック菓子
・インスタントラーメンやコンビニ弁当
・ファストフード

乾燥肌によくない食べ物


3.保湿とUVケアが不足すると乾燥肌になる



皮脂量の多さを懸念して、保湿をせずに乾燥肌を放置していませんか?
あるいは、夏場以外のUVケアをしていない人も要注意。

乾燥肌は、“バリア機能が低下して外部刺激に弱くなった皮膚”です。
その状態で保湿とUVケアを怠れば、肌荒れ症状はさらに深刻化します。

また、皮膚の状態を問わず、保湿はスキンケアの基本です。
バリア機能の低下した肌を紫外線から守るためにはUVケアも必要なので、欠かさず行いましょう。

このように、保湿とUVケアが不足することで、乾燥肌の症状が悪化する場合もあります。
小さな原因でも見過ごさないようにし、日頃のスキンケアを見直しましょう。

保湿不足で乾燥する女性

1 2 3 4 5 >
プロフィール
管理者:似非美容家

趣味:コスメ
2018年 11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
リンク集